色やシルエットにこだわりたい!結婚式の衣装選び

1種類だけじゃない!同じ白でも印象が変わる

結婚式の衣装といえば白色が定番ですよね。しかし、白色といっても1種類ではありません。大きく分けて、真っ白なホワイト、少しベージュがかったオフホワイト、黄色みが強いアイボリーがあります。色選びのポイントは、肌の色とのバランスです。ホワイトは色白の方に似合いやすいとされています。また色黒の方が着ると、コントラストが綺麗で肌に映えます。ちなみに結婚式の衣装といえばホワイトのイメージが強いかもしれませんが、意外とあまり多くありません。

オフホワイトは中間色です。少しベージュがかっているため、黄色人種である日本人に似合いやすいとされています。どんな肌の色でも着やすいでしょう。また、ウェディングドレスとして最も多いのがこの色です。衣装選びをする時はまずオフホワイトから試着することをおすすめします。アイボリーはオフホワイトよりもさらに黄色みがかった色です。肌の黄色みが強い方にはよく馴染むでしょう。衣装単体で見ると黄色みが強すぎると感じることもありますが、実際に着用すると似合う場合も多いです。ナチュラルな印象になるので、ガーデンウェディングとの相性も抜群でしょう。

自分に似合うものを選ぼう!シルエットは重要

シルエットはとても重要です。自分を魅力的に見せてくれるシルエットを選びましょう。たとえばAラインのドレスはシンプルなので、さまざまな体型の女性に似合いやすいです。プリンセスラインはふんわりとしていて可愛らしい印象。比較的身長が低い方でも着こなしやすいでしょう。マーメードラインは体にフィットしたシルエットです。細身なので、高身長の方に似合いやすいとされています。

赤坂の結婚式場では、外国人の神父が結婚式の誓いの言葉を言ってくれます。フルコースもおしゃれで人気のあるスポットです。