一人暮らしで気を付けるべき防犯対策を紹介!


窓の防犯をしっかりしておこう

大学進学や転勤などでアパートやマンションで一人暮らしをしている人は少なくはないでしょう。特に女性の一人暮らしの場合、男性に比べて体力がないので狙われるリスクが高いと言えます。そのため、しっかりと防犯対策をしておいた方がいいでしょう。最も有効な防犯対策というと、泥棒や空き巣が窓から侵入するのを防ぐために補助錠を取り付けたり、防犯フィルムを貼っておくことです。そもそも空き巣のほとんどが、窓から侵入しているというデータがあります。高層階に住んでいるので大丈夫と思う人も多いですが、空き巣は配管を登って侵入してくる恐れもあるのです。そこで、補助錠を取り付けたり防犯フィルムを貼っておけば、侵入にかなりの時間と労力を費やすことになります。その結果、空き巣が犯行を諦めやすくなるので犯罪を未然に防止できると言うわけです。

表札に名前を書かない

アパートに住んでいる場合、自宅前の表札に名前を書いてしまっている人も多いのではないでしょうか。しかし、自分の名前を書いてしまうことはかなり危険です。というのも、赤の他人に部屋で暮らしている住民の性別や名前を喧伝していることになるからです。特に女性の場合、ストーカーや泥棒などの被害に遭いやすくなるので、絶対にやめた方がいいでしょう。宅配便が来た時に名前がないと分からないのではと、表札にフルネームを記載する人は意外と多いものです。しかし、住所だけで部屋は判別できるので、表札に名前を記さなくても問題はありません。防犯の観点から、一人暮らしの場合は表札を出さないほうが無難です。

家具や家電を購入した際に、お部屋の雰囲気に合わなかったりする場合があります。しかし、家具の家電のレンタルなら好きなものを手軽に借りることができるので、実際にお部屋に置いて試すことができます。