オーダー家具を選ぶなら製作実績とアフタサービスを欠かさずチェック!


生活空間にピッタリと合うアイテムを手に入れよう

オーダー家具は、インテリアショップで販売されている既製品と比べて、材質やデザイン、サイズなどの自由度が高く、家具のクオリティにこだわりがある人に向いています。また、室内に配置されている家具や家電製品との相性が良いオーダー家具を注文するにあたっては、インテリアコーディネーターなどの有資格者がいる店舗へ足を運んだり、来店前に電話やメールを通じて売れ筋の商品について紹介してもらったりすることがおすすめです。最近では、和風から洋風まで様々なテイストのオーダー家具の製作実績が豊富なメーカーの事例について、ネット上で大々的に取り上げられる機会が増えています。そこで、理想的なオーダー家具を手に入れるために、安心して製作を任せられるメーカーを見極めることが大切です。

修理やクリーニングの保証が付いている販売店を探そう

オーダー家具を長年にわたり愛用したい時には、修理やクリーニングなどの保証がしっかりしている販売店を購入先に選ぶことが肝心です。特に、水や湿気、汚れなどに弱い素材を使ったオーダー家具については、定期的に正しい方法でメンテナンスを行う必要があるため、じっくりと各地の販売店のアフターサポートの料金や依頼方法を確認することが重要です。例えば、一流の家具職人が手掛けたオーダー家具の中には、永久保証が付いているものや、家具のリフォームなどの希望に気軽に応じてくれるものも多くあります。その他、販売店によって塗装の塗り直しやパーツの交換などの際にコストが発生することもあるため、オーダーの契約を結ぶ際に責任者から料金に関する説明を聞いておきましょう。

組子は、釘を使わず、細い木片を組み合わせて緻密な幾何学模様を作り出す伝統技術です。飛鳥時代から建造物の建具に組み込まれていたとされ、寸法が0.1ミリでもずれると組み上げることができないほど繊細な技工です。