人気上昇中! 実用性もインテリア性も高いローソファ―


空間に圧迫感を与えないローソファ―

日本人の生活スタイルが西洋化して、和室よりも洋室で生活している人が多くなっています。ローソファ―は、座面、背もたれ全てが床に近いので、部屋に圧迫感を与えない、天井の低い日本の家に合ったソファ―です。足の無いデザインが殆どですので、洋室でも和室でもOK!
子供も座りやすいし、上でピョンピョン跳ねても普通のソファーに比べると安全です。また、床に近いと安心感が増すからでしょうか、ノンビリゆったり気分でくつろげます。

ローソファ―は、ほぼ床と同じ高さと言っても良い低い物から、通常のソファーより短いけれど足がついているものまで色々あります。
足つきの物は、やはり洋室に合いますね。和室の場合は、床とほぼ同じような高さのもの、足のないタイプの物が良いでしょう。畳の上に置く事を考えて、奇抜な色を避けると和室にしっくり溶け込んで、和洋折衷の粋な空間になります。

選ぶ時に気をつけたい事

良い事ばかりのローソファ―に見えますが、今あるテーブルと高さが合わなくなる事があります。その場合は、仕方がない!テーブルの新調もしちゃいましょう。
また、足のないタイプのものは、背もたれも低い場合が多いのですが、稀に背もたれが高いもので、もたれた瞬間に後に倒れそうになる事があります。デザインが気に入ってどうしても購入したい場合は、背もたれを壁につけて配置すると良いでしょう。
ローソファ―の置かれた所はくつろぎ空間になります。床にゴロンとするような感覚でソファ―に座り込む。最高です。
ただ、くつろぎ感が大きすぎて、接客用のお部屋にはちょっと不向きになる場合が多いです。用途によっては実際に座り心地を確かめた方が良いでしょう。

ローソファーは背が低いため、空間を生かし部屋を広く見せることができます。また、「背の高いソファーは子供が飛び乗って落ちないか心配」と言う声にも対応することができています。