どっちが二人のためになる?婚約指輪を二人で選ぶか一人で選ぶか


婚約指輪を一緒に選ぶ

婚約指輪を一緒に選ぶ利点は、何と言っても二人の意見を反映したデザインにできることです。一生モノの婚約指輪、サプライズで渡すのもロマンチックな方法ですが、デザインが気に食わなければ一瞬で気持ちも落ち着いてしまいます。また、サイズの問題もあるでしょう。きちんとサイズに合う指輪を選ぶことで、せっかくの予算を無駄にすることがなくなります。ドラマのイメージなどで婚約指輪をサプライズで渡す印象が強いかもしれませんが、今はカップルが揃って婚約指輪を選び、中にはオーダーメイドするケースも増えています。

また、女性の方が指輪に関する知識が深いことが多いのも、一緒に選ぶ利点となります。宝石をあしらう場合は宝石に関する知識も多少必要になりますし、家事をするなら実用性の高い指輪を選ばなければなりません。そうした意味でも、婚約指輪を一緒に選ぶメリットは大きいのです。

婚約指輪を一人で選ぶ利点

指輪を一人で選ぶ場合、大抵は男性がサプライズで渡すためのものでしょう。プロポーズと一緒に婚約指輪を渡すのが一般的ですが、一人で選ぶ利点はここに集約されていると言っても過言ではありません。特別な時間をより特別なものにするために、婚約指輪を一人で選んで渡したい男性は多いでしょう。また、カップルで訪れなくても分からない部分はスタッフに直接尋ねることもできます。専門知識のあるスタッフに聞けば大抵のことは教えてくれますし、婚約指輪購入時の参考にもなるでしょう。

婚約指輪とは、生涯の伴侶としたい女性との結婚を決めたときに、男性からその女性へ決意の証として送られる指輪のことです。